朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)戦に出場した川崎フロンターレDF谷口彰悟が、試合の反省点と得たことについて語っている。

EAFF E-1 サッカー選手権初戦が9日に行われ、日本代表と北朝鮮代表が対戦。試合は1-0で日本が勝利した。北朝鮮を相手に苦戦を強いられたが、谷口は勝利したことには小さくない意味があると語る。

「正直そんなに良くはなかったですし、(中村)航輔にかなり助けられた部分があるので、そこは反省していかなきゃいけないですね。でもあの試合を苦しみながらも勝てたことは良かったと思いますし、またみんなで修正してコミュニケーションを取って、次はいいゲームをできるという自信はありますし、またチャンスをもらえた時にいいプレーをできる準備をしていきたいです」

また、チームとして上手く機能しなかった理由については連携面を挙げる。

「試合の中でも特に前半なんかは多少探り探りのところも正直ありましたし、周りに合わせるというか、どこで欲しいのか、どこでおボールを取りたいのかというのを合わせながらやる時間が、正直前半はあって、そういうところでバラバラしたのはありました。でも比較的落ちついてゲームを運びながら、あとはどう点を取るかというところだったと思うので、そこにみんなでやっていこうというのをハーフタイムで出せたし、いい形はそんなに多くなかったですけど、最後にしっかり点を取って勝ち切れたというのは評価していいと思います」

今回の大会は来年のワールドカップに向けてアピールの場ともなるが、谷口は「まずは代表は勝たないといけない」と話し、個人の前にチームがあることを強調。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の求める“デュエル”をこなしながら、自身の持ち味である「CBから効果的なパスだったり組み立てるということ」を発揮していきたいと誓った。