日本代表は23日、マリ代表と親善試合を行い、1-1で引き分けた。

ロシア・ワールドカップのグループリーグで戦うセネガルを想定して、臨んだマリ代表戦。

試合は、前半にPKから失点する。ビハインドを背負った後半には、A代表デビューとなった中島翔哉や本田圭佑らを投入するもなかなかゴールを奪えず。しかし、ラストプレーで中島が同点弾を奪い、1-1で引き分けている。

長谷部誠は、フラッシュインタビューに答えている。

「今日に関しては、個々の能力も組織としても修正しないと行けない部分がたくさんあると思います。マリの個人技で、完全にやられてしまった」

「今日の試合を見て分かる通り、このままでは厳しい。まだウクライナ戦があるので、しっかりと修正していいゲームをしたいと思います」

日本代表はこの後、27日にウクライナ代表と親善試合を行う。